ちょっとした興味から中毒に…占いにはまり日常に戻れない時には

最初は、ほんの少しだけ今月余裕が有る分の中から、前から気になっていた有料占いを購入しようと思っていただけだったんだけど、次から次へと番組を購入して見てしまって、ストップすることが出来なくなって…もしかして私って、占い依存状態?そんな風に、占いにはまって抜けられない状況に陥ってしまい、健常な生活に戻れなくなってしまっている状態が有る時には、注意深く占いとの関係や距離感を再調整して行く必要が有るかもしれません。

占いに依存してしまう理由としては、現実の上手く行かないことから離れられ、安全な場所で直接傷を負うこと無く、メッセージや導きを得ることが出来るという所に、大きな要因が有りそうです。自分の事が解らず、自分で自分の事を苦痛の中で決めなくて良いという所からも、外側から答えを出してくれて、自分を誘導してくれる占いに対する依存の芽が、巧妙に芽生えて来るものです。

依存症から脱出するためには、占いから離れる時間を設けることが必須です。別の趣味を見付けて熱中するか、占いに埋没して片付けられていなかったことが有ったら、いっそそのことに没入してしまいましょう。一度、思い切ってきっぱりと占いから離れてしまうことで、事態が改善することも有るのです。心を癒してくれる好影響の有る、自然と触れ合うような趣味がお勧めで、依存症の毒出しにもなります。

私は占いに依存するのはもう止める、と決めたなら、今この瞬間から、思い切ってブックマークを全て外して削除し、可能ならば、ネットサーフィンも必要最小限にするか、避けてしまいましょう。電話占いを利用している場合も、登録を消して対処します。物理的に自分を切り離しましょう。暫くは気になるかもしれませんが、ここが明暗を分けますので、グッと堪えて、インターネットや電話に手を伸ばすのは固く避けてください。

依存した状態は、自分自身を占いに明け渡してしまうということ。例えば、自分自身に原因が有ることで、自分に目を向けて現実に動けば状況が良くなり、前よりもずっと楽に過ごせるようになることまでも、依存心から占いに関わっていると、全て占いの所為だと責任転嫁するようになってしまい、現実の幸福からは遠ざかってしまいます。

占い自体が人を幸せにするパワーを持つのでは有りません。人が持つ自分や周囲を幸せにするパワーを、占いが引き出し、その人自身の努力を後押ししてくれるものなのです。占いが先に来るのではなく、生身で現実を生きている、実際の人がまず先に来ます。占いが有るから人が居る訳ではなく、人が居るからこそ人が活かせる占いが有るのです。

占い好きな友達と疎遠になってしまうのでは、という思いが有って、占いから離れ辛くなってしまっているという方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、自分自身を抑圧し、自分の人生を害してしまう状態になってまで、続けなければならない付き合いは有りません。占いから離れても、友情の形が変化して続く場合も有るかもしれませんが、それで終わってしまう友情ならば、新たな縁を求める時期と見ても良いことでしょう。

恋愛と同じように、完全に依存するより、ある程度自立した方が占いとも良いお付き合いが出来ます。占いとの付き合い方や境界線の持ち方は、自分自身で自由に決めて行くことが出来ます。自立心を培い、自分で自分の責任を取り、決断する覚悟を実践の中で培うことで、占いとの関係やお悩みの恋愛などでも、結果良い兆しが芽生えるようになりますので、気分良く生きることが出来ます。怖かった筈のことも、何だ怖くなかったんだ、と思えるよう、勇気を出して変わってみませんか。

Read More

危険なサインを見極めて!味方ではない同僚に気付く占い方法も

一見、私の前ではニコニコしていて、優しくて礼儀正しい態度を取るんだけど、何か作っている感じが物凄く感じ取れて…ふと関係無いことで見掛けた時に、あの人が凄く蔑んだような笑いを浮かべているのに気付いてしまい、何だか怖い…そんな同僚のあの人は、本当に私の味方なの?そんな落ち着かない思いで、仕事への集中力が途切れてしまうことは無いでしょうか。今回は、もしかしたら隠れた敵かもしれない貴方の同僚の正体ををあぶり出し、自分を守る占い方法を見て行きましょう。

まず、相手のことをどこまで知れば安全なのでしょうか。それは相手の正体にもよりますが、自分自身の価値観や許容範囲によっても大きく左右される所です。例えば、蔑む思いが笑いで実際に出ていたにしても、誰を蔑んでいたのかにもよりますよね。貴方に対してでしょうか、それとも、その人が気に入らない後輩の失敗へ向けたのでしょうか。後者だけならOKという人も居れば、誰であっても人を蔑むような人自体信用ならないし、後で私の敵になるから駄目という人も居ます。

相手の全てを知る必要は勿論有りません。寧ろ、自分の気持ちや思いを知り、その同僚が味方ではなく既に敵だった場合、どうすれば職場で自分を守れるのか、という所にフォーカスして行きましょう。方法としては、正体を知りたい同僚の人柄や現状を占いで視る、自分と同僚の関係性や状況、更に踏み込むなら因縁が何か有るのかを視る、両者の関係性について、自分が受け取った方が良いメッセージを求める、注意した方が良いことにフォーカスして占う、という選択肢が考えられます。

占いは、普段から馴染みが有るものが有れば、その占いでも構いませんし、今回はもっと踏み込んだ所まで行かないと駄目だ、という思いが涌き起こるのなら、直感的に惹かれる占いを新たに求めて行きましょう。占う時、必要になる同僚の情報として、氏名や生年月日などが求められるケースも有ります。相手の情報が得られない、知らないということであれば、カード系なら解らなくても自分で引く分には大丈夫ですし、無しでも全て視ることが出来る占い師も居ます。

実際に占ったら、結果に応じて、自分の対応方法を決めて行きましょう。同僚が実際に貴方に対して穏やかではない感情を秘め、悪意を持って陥れようとしているなどの情報が出てしまったら、次に出勤するまでに、アウトラインだけでも計画を立てて、自分を守れるようにする必要があります。また、悪意の達成がどの程度成立し得るか、という所には冷静さを持って認識する必要が有ります。相手の正体だけではなく、自分がどうしたら良いのかを含めて一緒に占うか、追加でフォローするのが得策です。

もしも、古くからの因縁が二人の間に有る場合、解消出来るチャンスとして、その同僚と同じ職場になっている状態が有ると言えます。その場合、何らかの形で今後も関わることになると思いますが、上手く解消を進めて行けるように、という意図で、占いの助けを新たに求めてみても良いでしょう。両者の関係性の中で、自分の側の態度で何か問題が明るみに出た場合は、自己成長を目指してその点は解消して行った方が、結果として悪意も退けられるようになります。

勿論、自分の側の杞憂で、別に同僚は敵でも何でも無かったという場合も有ります。その場合は、安堵しつつも、自分が蔑んだ笑いに不安になった理由の部分を占いで視てみたり、仕事疲れを癒してみたりといった対応を取ることも出来ます。出来れば杞憂で済んで欲しいものですが、自分を守る術は占いからも見い出せます。職場での不安を減らし、良好な関係性の維持に努めたいものですよね。

Read More

星座ランキングで最下位に…占いの結果で落ち込むときの対処法

占いでは、嬉しい結果や気分が上がる内容ばかりを受け取れる訳では有りません。時には、かなり厳しいと感じられるようなメッセージや、期待したような内容とは大きく異なる結果が示される場合も有って、占う前よりも余程気分が落ち込んでしまうことだって有ります。この事で気持ちを持ち直したくて、前向きになりたいから占ったのに…どうしてこんなことに、なんて溜息を吐きたくなってしまうことも。そんな時、何か良い対処法は無いものでしょうか。

まず、更に落ち込まないためには、自分と他人を較べないことが大切です。例えば、友達と同じ占い師の鑑定を受けた時、友達の方は凄く良い結果に思えるのに、自分はきつい事を言われてしまった、何だか今ひとつぱっとしない結果になってしまった…という場合は、友人の結果からは離れて、自分の結果を深くフィードバックする方に専念した方が良い結果を生みます。

また、今日星座ランキングの順位が良くなかったんだ、と話題にしても、私は1位だったし超良かったよ、といった発言を無神経にする人へ話すのは、傷を負っている時には避けましょう。

占いは宗教の教義では有りませんので、占いの結果に厳密に従わなければならない、ということも勿論有りません。結果を無視したら、今よりももっと嫌な気分を味わうことになってしまう、という恐怖感が有るかも知れませんが、意識し過ぎる方がよりその出来事を引き寄せてしまいかねませんので、拾えるような良い部分を拾い直して、活かせるならばそこは活かす位で構いません。無理になる程受け容れ過ぎる必要は無く、あくまでも自分にとって適度なお付き合いまでで大丈夫です。

精神面で既に辛過ぎて、これ以上厳しいことを言われるのは無理、という時には、比較的メッセージが優しめで、傷付き辛い占いをまずは選ぶようにするという方法も有ります。例えばカード系なら、タロットカードとオラクルカードならば、タロットの方がメッセージは厳しく、死神や塔など、扱うデッキによっては絵柄も恐怖を引き出す場合が有ります。天使や妖精のオラクルカードならば、恐怖感の無い優しい絵柄のみですし、メッセージも柔らかく包み込んでくれるような内容がメインです。

占いの結果で落ち込んだら、占いを更に追って無闇に傷を抉ってしまうよりも、心を癒すヒーリングの方を目的にした方が良いかも知れません。ショックから癒されたら、改めて落ち着いた心境で、衝撃だった占いの結果を客観的かつ冷静に見直すことも出来るようになりますし、メッセージについても、また違った捉え方を出来るようになる余地が生まれて来ます。

占いの結果が何であっても、占いの結果や結果を告げた鑑定者の方が、張本人である貴方自身よりも、貴方のことで上回った価値や強制力を持つということは有り得ない話です。もし、それが何であれ、相手からの脅す言葉や操作・支配の意図が有り、危機感や違和感を覚えたら、即座に離れて関わらないようにした方が賢明でしょう。そういった悪意の行為は、まず恐怖を抱かせることをその過程に組み込んでいることが多く有るものです。

貴方は、この世界にただ一人しか存在しない貴重な方です。その貴方がより良く生きるために活かせると思うのならば、選んで用いても構わないのが占いの結果です。不要であれば、結果を手放して構いません。占いから一旦離れて、人生にとって大切なことや、日常生活や仕事に没入して行くと、囚われることも無かったと気付かされることも有ります。戻りたい時には、いつでも占いに戻って来ても構わないのです。まずは何よりも、自分を大切にしてケアしましょう。

Read More

占い系のカードを引いてみると意外と解る仕事の壁の突破法とは

最近、仕事で行き詰まりを感じていて、どうにも意欲が続かない状態で困っている。壁を感じるが、一体何が壁になっているのかすらも、ちょっと解らなくなり始めているし、これはどうしたものか…そんな悩みを内心で抱えながら、働き続けては居ませんか。選ぶカードは、どれからでも構いません。占いで使われるカードを、貴方自身の手で引いてみることで、新しい視点を得ることや、壁を攻略するための糸口を掴むことが出来るかもしれません。

まずは、カードを思い切って入手してみましょう。カードの種類としては、タロットカードやオラクルカードなど、今は多彩な種類が店頭に置かれており、最近では、大きめの書店などでも買い求めることが出来るようになっています。自分が心惹かれるカードや、これだ!と直感で欲しくなったカードを購入しましょう。お金を掛けたくないのなら、無償でカードが引けるウェブサイトが有りますし、スマートフォンのアプリでも販売しており、カードのデッキを導入出来るようになっています。

カードの引き方には複数の方法が有りますが、単純に1枚のカードを引く方法と、3枚のカードを引く方法が始め易いでしょう。自分が問い掛けたい内容に対して、1枚のカードは純粋に答えを求めるもので、3枚のカードを引く場合には、引いたカードを横一列に並べ、左から順に過去、現在、未来を示す内容として読むというものです。

1枚ならば、シンプルにメッセージが絞られますし、深く掘り下げて読み取って行くということもやり易くなります。3枚であれば、時系列で壁となる原因を探って行けるので、より多角的に状況を分析出来ることでしょう。例として、新たなプロジェクトに参加したものの、努力し続けているにも関わらず、どうにも成果が上がって来ない。自分の努力の仕方に問題が有るのか、それともメンバーとの関係性で何か問題が起きているのか…という悩みが有る場合で見てみましょう。

タロットカードを使い、1枚引いたとします。タロットカードは正位置と逆位置で解釈が異なりますが、今回は正位置のみで出たことを前提とします。カードの結果が「魔術師」だったならば、自分から周囲に語り掛けたり、働き掛けたりして行動を起こす必要を示しますので、状況を傍観している状態が有ったのかも知れません。「カップの8」なら、努力のし過ぎで摩耗や疲労し切った状態が考えられますので、今は身体のケアや休養が必要であるというメッセージを受け取ることが出来ます。

一度、カードを引いてメッセージを受け取ったら、次に引くまでには、数日間または数週間以上の間を開けるようにしましょう。その場では、引いたカードに納得が行かなかった場合でも、徐々にメッセージを意識化して消化する過程が必要になりますので、すぐには解らなくても、実際仕事に戻ってから暫く後になって、ああ、あのカードはこの事だったんだ、と腑に落ちることも多く有ります。引いた直後などの早過ぎるタイミングで引き直すと、メッセージも混乱してしまいます。

カードを引く時には、他の人のために引いている場合でない限り、原則として自分と関係の無いカードを引くことは無いと思って良いでしょう。ただ、様々な念を吸い易いカードデッキも中には有りますので、カードを引く時に雑念やノイズが入り込まないよう、綺麗にした状態で箱にしまい、袋などに入れて大事に扱った方が良い結果を生みます。ヒーリング関係のショップなどで入手出来るホワイトセージの煙で、カードを浄化しておくのもお勧めですよ。

Read More