交通機関の乱れにメールの行き違い…知っておきたい水星逆行とは

1年の中で、何故か物事がスムーズに運ばず、乗った電車が遅れてしまい、メールでの遣り取りで炎上し、PCが青画面になり、実際には要らないものを買ってしまい失敗してしまう…そんな周期が来ている気配を感じ取ったことは有りますか?コミュニケーションや物事の遅滞、不調が頻繁に起こるのならば、それは水星が逆行している期間だからかもしれません。

水星逆行が来るのは、1年に大体3回か4回で、逆行は3週間程度続きます。水星が逆行すると、期間中は水星が司るものが上手く行かなくなるという影響が出て来ます。水星が司るのは、主に情報や交流、流通、書くことなど。また、物事が全般的にスローペースになり、やり直しも増えるので、スピード感はどうしても落ちることになります。

水星が逆行している期間中は、公共交通機関に乱れが生じ易くなりますので、電車の遅延なども発生し易く、いつも通りの感覚で油断していると遅刻が増える恐れも。コミュニケーションにも行き違いが発生しがちになり、メールの不達や解釈の違いによるトラブルなども増え易くなります。仕事では、交渉にも円滑に行かないといった形で影響しますし、書類のミスや再提出の頻度も増えるなど、影響は甚大です。

しかも、家電を初めとする機械類の故障も増えるので、PCやスマートフォン、携帯電話も不具合を起こし易くなります。また、株やFX、為替相場は安定せず、大きく急変し易くなるなどの状況が起こり得るので、取引をする際には注意が必要となる所です。

これだけ生活や仕事に多くの影響を及ぼす水星逆行ですが、実は、内面に目を向けると違った側面も有ります。水星逆行中は前に進むのは困難ですが、その分、過去を振り返るには最適な時期で、歩みを止めて自分を顧みる時期に充てると良い期間です。古い物を再訪する時でもあり、過去の知人に思い掛けず再会したり、音信不通になっていた友人と再び交流が蘇ったりすることも。過去に好きだった事に戻りたくなる場合も有るでしょう。

ただ、水星逆行時に急にやりたくなったことは、逆行期間中だけの熱だと思った方が無難です。水星逆行が終わると、突如として気持ちが冷めて、全く興味も向かなくなることは多く有ります。一方で、やり掛けたことに再挑戦するには適する時期で、中途で止まっていた創作活動の制作再開や、前に上手く行かなかった料理のレシピに再挑戦することなどはお勧めで、壊れたまま放置した物を直すのも、この時期にやるには最適です。

水星逆行中には、新しいことは極力始めないようにし、現状維持か過去から続けていることを継続するのならば大丈夫だと覚えて置くことが大切です。大きな買い物は時期をずらした方が無難で、重要な交渉や契約は、可能な限り水星逆行の時期に重ならないようにしましょう。避けられない時には、慎重を期して一つ一つの段階をよく確認しながら進めましょう。

また、水星逆行になる前に、PCやスマ―トフォン、携帯電話のバックアップを取るようにすると安心です。この時期は、物事をいつも通りの感覚で始めると間に合わなくなる可能性も有るので、早め早めの行動を取ることで難を防げます。内面的には、過去へ自然と眼差しが向くので、無理に前へ進もうとしないことで良い過ごし方が出来ます。部屋の掃除や心の整理には最適な時期なので、この時期を活かし、混乱した状態を片付けると吉です。

新しい年を迎えたら、余裕の有る時にその年の水星逆行のスケジュールを先に押さえておくと、いざその周期に突入しても、慌てずに済みます。毎年、必ず巡って来る水星逆行に備え、逆行のエネルギーを上手く活かせるようにしてみてくださいね。

Read More

悪縁を呼び込まないために占いを活かして日常的に出来ること3選

人生の中で、人との縁は非常に大切で、幸や不幸の明暗を大きく分けるものと言えます。出来る物なら、良縁にだけ恵まれたいし、悪縁なんて欲しくない。どうすれば、悪縁を持たなくても済むの?そう思った時、そんな方法なんて本当に有るのか気になりますよね。今回は、悪縁を呼び込まないように占いの要素を活かしつつ、出来ることを紹介したいと思います。

まず最初に、悪縁そのものとの縁を持たない方法として、運気が良くないものや落ちるものには近付かない、深入りを避ける、という選択肢が有ります。具体的には、事故や事件が起きた場所に行くことや、不幸な出来事の場に居合わせた物をみだりに中古等で買うことは避けます。何も力になることが出来ないのであれば、やはり、運気が良くない状態と思われるいつもネガティブな人にも、無闇に深入りはしないようにしましょう。

場所としては影響力が甚大な住まいについても、注意深く選ぶことが必要です。前の住人の残存するエネルギーがネガティブな物だと、後に住む住人にも同質の影響を与えるとも言われています。穏やかではない経緯で競売に掛けられた物件やいわく付きの奇妙に安いマンションの一室など、入居前や実際の暮らしの中でもし不安が有れば、住まいの浄化が出来る風水の専門家等に有償で依頼するのも、ひとつの方法です。

続いては、自分自身が厄を寄せ付けないように、自分を清める努力をする方法です。身体や心を綺麗に保ち、住まいも清潔にするようにしましょう。不衛生さは、運気を落とし、悪縁を呼び込む原因となります。掃除をすれば、自然と気分が良くなり運気も上がります。入浴の時には、なるべくゆったりと湯船に浸かるように心掛けると、肉体に溜まった老廃物を流せるばかりでなく、オーラも綺麗になると言われていますよ。

注意したいのが、心の衛生面を保つことです。特に悪口を言わないように心掛け、罵詈雑言を人にぶちまけるという行為などは決して起こさないようにする必要が有ります。害意は悪意を買い、思いも寄らない不幸を呼び寄せ、必ず自身でその報いを受けることになりますし、同じ思いを抱いた人との悪縁を増幅することになってしまいます。辛い思いや負の感情は、自分に合った発散方法や浄化方法を見付けて、早々に流して内に留めないようにしましょう。

最後に、新しい物事を動かさない方が良い時期が有ることを知り、そうした時期には、無闇に新しい人脈作りや縁を広げようと足掻かないことが大切です。例えば、自分の天中殺の時期を知り、該当する年や月には、運気の低迷から対人面でも状況が危うくなり易いことを理解した上で、慎重さを期すことです。本来の自分の運気が活かせる時期ならば、上手く行く筈の相手とも上手く行かなかったり、上手く行かない相手と奇妙に上手く話が運んだりすることも有りますので、安定しません。

運気が良い時と良くない時では、出会う人の質も関係性の面でも、大きな違いが出て来ます。運気が良くない時期には、やはり悪縁を持ち易くなるものです。発展運や愛情運が強くなる時期を見込んで、仕事上の人脈作りやパートナーを積極的に求めることに励んだ方が無難でしょう。

良くない状態が悪縁を引き寄せるのならば、良い状態を保つことで良縁を呼び込むことだって出来るのです。悪縁から人間として深く学び取れることも有り、そのことによって自分の人格が高まる場合も有りますので、一概に悪縁が全ての面で良くないとも言い切れませんが、無用な悪縁に巻き込まれることなく、良質な人生を過ごせるようにして行きたいものですね。

Read More

塩の浄化パワーの凄さって?日常の場面でも占いでも登場する秘密

塩には、浄化する力が宿っており、穢れとされるものや不浄な気を清めるパワーを持っています。また、心霊的な影響を退け、霊障から身を守る時にも用いることが出来ます。お葬式の帰りにも、お清めの塩を貰う場合が有りますよね。塩が使われる場面によって、その目的はお清めであったり、魔除けであったりしますが、厄を祓い、避けられるようにすることとは、やはり関わりが深く有るものと言えます。

では、塩の浄化力を活かすためには、日々の中でどのような使い方が出来るのでしょうか。最も解り易く、始め易いのが、塩風呂かもしれません。様々な種類が販売されているバスソルトを用意しても良いのですが、自然界の塩、特に海より作り出された天然の粗塩を用意し、自分の手でざっくりとひと掴みを用意して、浴槽に張った湯に入れるだけです。胸まで浸かりゆっくり寛げば、その日一日の疲れと共に、感情面や肉体的な毒素も抜けてすっきり出来ますよ。

また、よく知られている塩の使い方としては、会った後に物凄く疲れてしまったり、怠さや負の感情を受けてしまって気分が落ち込んだりしてしまう相手の気を浄化するために、塩を舐めると回復出来る、というものが有ります。他人のネガティブな思いや感情を吸ってしまう体質の人は、是非お試しください。自分が持っていた負の気を押し付けた相手は、勝手に前よりも元気な状態になりますが、受けた側ばかりが辛い思いをするようでは、割に合いませんよね。

生活環境の気を綺麗にするためによく用いられるのが盛り塩ですが、そのまま置いておくと、どんどんよろしくない気を吸い込み、よろしくない状態の塊となってしまいますので、必ず替えが必要になるものと思った方が良さそうです。替えるタイミングには2、3日や1週間、1ヶ月など複数の説が有りますが、自分で見てこれはまずいな、そろそろ替えた方が良さそうと思ったら、そこがタイミングと思って早めに塩を替えた方が無難でしょう。

意外と試してしまえばあっさり出来て、大きな効果が得られるのが、炒り塩を使った掃除です。掃除したい部屋の床の物を適度に一通り片付けた後に、フライパンで5分程度塩を炒り、炒った塩を部屋の中で淀んだ感じを受ける場所を始め、四隅を忘れずに、隅々まで撒きます。後は、10分以上そのままにして、溜まってしまった良くない気を吸わせたら、掃除機で吸い取れば完了です。これまでの部屋とは別物みたいにすっきり出来ると評判です。

占いの中にも、塩を扱う内容の物がやはり有ります。日本に伝わる「塩まじない」は、塩の持つ乱れてしまった気の流れを戻し、バランスを整えるパワーを活かした物だと言えます。人生の中で無くしたいことや問題になっていることを紙に書いて、塩をひとつまみ乗せてから包んでその紙を燃やし、灰や燃えかすをトイレなどの水に流します。「書いたこととは逆が叶う」というものですが、呪術的な性質が強いので、行う場合の手順には十二分にご注意を。

思い返してみると、日常の場面でも、食物が腐敗するのを防ぐために使われたり、生ものを長く持たせるために活用されたりしているのが塩です。調味料としても美味しく頂ける塩ですので、身近な食材としても馴染み有るものですよね。食べて良し、使って良しの塩をもっと活かしてみるのも、人生を豊かにするひとつの方法としては良いかもしれませんよ。

Read More

相手の星座は何?自分の星座との相性を人間関係で活かすコツ

誰もが持っている12の星座は、それぞれ異なる特徴や性格を備えています。思わず、周囲の人や気になるあの人の星座を知りたくなってしまうことも有るのではないでしょうか。相手との星座さえ解れば、自分との相性を調べることだって出来てしまいますから、相手を単体で知ることと合わせて二粒美味しいですよね。今回は、星座の相性が良い場合と悪い場合で、上手く行くコツや注意した方が良い点などをチェックして行きます。

まず、同じエレメントの星座や、火と風、水と土のエレメントの星座は、相性の良い星座です。初めて会った相手が相性の良い星座の人だと解ると、出会えたことが何だか嬉しくなるものです。実際に交流する中で、嬉しいことが起きれば、やっぱり相性が良いのかもと喜びも広がることでしょう。そんな喜びを受け容れながらも、現実の人間関係を重んじる姿勢もやはり大切。折角の縁を良い形で深めて行けるよう、相性の良さに油断せず、お付き合いして行きましょう。

一方、相性が良くないのが、主に自分よりも3つ前の星座。エレメントでは、火と土、水と風の星座は真逆とも言える程性質が合わず、お互いにストレスを覚える関係になりがちです。対立すれば、やはりあの星座とは合わないな、という気持ちにもなるかもしれません。

何となく噛み合わないなといった違和感のサインが起きた時にも、相性が良くない星座の相手だと解っていれば、
自分と相手の性質を理解しておくことで、事前に起こり得るトラブルを知り深みにはまらないように備えたり、実際に動いたりすることが出来ます。早い段階から危険を察知出来た方が、傷は浅くて済みますし、上手にやれば怪我もなしで流して行けることでしょう。

相性の良し悪しを問わずに注意したいのが、目の前に居るその人が持っている個性よりも、星座の特徴を優先してしまうこと。この星座だから貴方はこういう人だ、こういう性質を持っている筈だと決め付けられると、相手は頭から押さえつけられているような気分になり、戸惑いや不快感を与えてしまいます。ましてや、貴方はそんな人では無い筈だ、なんて逆ギレするようなことが有っては、嫌われてしまいますしトラブルにもなります。

星座が何であるか以前に、目の前に居る人は、この世界でたった一人しか居ない、ただひとつの個性を持った人であることを忘れないようにするのが大切です。そんな個性を星座が守護して、影響やギフトを与えている位に考えておくのがベターかもしれませんね。

また、支配的、操作的にならないことも大切です。相手の星座が解り、その星座の性格や特質、相手との相性を自分の側が知っているからと言って、人間的に優位に立てる訳ではないことを肝に銘じておきましょう。相手も、貴方の星座と自分との相性については、詳しく知っている可能性が有りますし、占星術好きならば、とことんマニアックに調べて付き合って来ている可能性だって有りますから、油断は禁物です。

実際の人間関係の中で信頼関係や愛情関係、友情などの在り方を築く努力や、現実のその人と関わることで、どんな人なのかを知る姿勢を忘れずに、その人がどの星座なのか、自分との相性がどうであるのか、ということにフォーカス出来れば、より上手に相性を活かして行くことが出来ますよ。

Read More